お知らせ

水ぼうそう(感染症)入室可能です(((uдu*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水痘(水ぼうそう)は・・・

水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時に発症する急性のウイルス感染症です(´・ω・`)

水痘は麻疹と並んで感染力が極めて強く\(◎o◎)/!

水痘に対する免疫がなければ・・・

感染後2週間程度の潜伏期間を経て発疹が出現します(((uдu*)

水痘の感染力は極めて強くΣ(゚д゚lll)

空気感染・飛沫感染・接触感染によってウイルスは上気道から侵入し・・・

2週間前後(10~21日)の潜伏期間を経て発病すると言われていますφ(..)

水痘を発病している者と同じ空間を共有(同じ部屋、同じ飛行機の中等)した場合・・・

その時間がどんなに短くても水痘に感染している可能性がありますΣ(゚д゚lll)

水痘の空気感染を防ぐことのできる手段(ろ過マスクの装着や空気清浄機の運転)として効果的なものは残念ながらありません(´・ω・`)

水痘の感染発病を防ぐことのできる唯一の予防手段はワクチンの接種のみですφ(..)

全身の発疹・倦怠感・発熱等の症状が出現していわゆる発症するのは通常は感染後2週間前後(10~21日)を経てからですφ(..)

水痘の特徴といえば・・・

全身性の発疹です(((uдu*)

この発疹は最初に頭皮・次いで体幹・四肢の順に出現しますが・・・体幹部の発疹数が最も多くなります(((uдu*)

発疹は通常かゆみを伴っており・・・

紅斑→丘疹→水疱→痂皮へと変化していきますφ(..)

数日にわたって新しい発疹が次々と出現するので・・・

急性期には紅斑・丘疹・水疱・痂皮のそれぞれの段階の発疹が混在することも水痘の特徴の1つです(((uдu*)

健常な子どもが水痘を発症した場合・・・

その殆どは数日間で治癒していきますが・・・

まれではあるものの細菌の二次感染や髄膜脳炎・小脳失調・肺炎・肝炎などの合併症を起こすことがありますΣ(゚д゚lll)

成人や妊婦が水痘を発症した場合はこれらの合併症が起こる確率は小児よりも高くなります(´・ω・`)

新生児が水痘を発症した場合も重症化します(((uдu*)

すべての発疹がかさぶたになるまで出席停止です(((uдu*)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*